2011年02月17日

学割について考えてみた

この時期になると、各キャリアより発表される「学割」料金プラン

筆者は既に社会人なので、適用なんてされるわけないんですが・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


発表から幾ばくか経過しています
今更ながら、各キャリアの学割について比較していきたいと思います

最後までお付き合い下さいニコニコ

まずはdocomoから
先に記述しときますが、2年契約前提で話していくので
docomoならバリュープラン
auならシンプルコース
softbankならホワイトプラン

にて話して行きます

「応援学割」
$すぐるのモバイル雑記


受付期間
2011/01/28〜2011/05/31

【申し込み対象】
・小学生以上の学生(新規契約or契約中、1回線のみ)

小学生以上で連続12ヵ月以上の就学期間を要し
かつ入学・卒業が年2回以下で固定されているなど
当社が指定する条件を満たしている学校に在籍するお客様をいいます。
<学校例>小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院 など

・上記学生の家族(新規契約のみ)
学割対象者と同一ファミ割グループになる家族(1人1回線まで)


学生の場合、料金プランは
タイプシンプルバリューのみの選択です
また、割引サービスとして
・ファミ割MAX50
・ひとりでも割50
・ハーティ割引
のいづれかを選択します

学生の家族の場合
タイプシンプルバリューを選択し
・ファミ割MAX50
・ハーティ割引+ファミリー割引
上記のいづれかを選択し、尚且つ
上記学生が同じファミ割グループにいることを条件とします


特典として
タイプシンプルバリューの基本使用料が
最大3年間、通常780円→390円になります

さらに、スマートフォンで新規契約の場合、最大3年間
パケ・ホーダイシンプルのパケット上限額5985円から525円割引され
月額5460円にて利用出来るようになります

さらに×2、先日発表された「パケ・ホーダイフラット」(以下、フラット)
これも学割の対象に入るので

フラット定額料金5460円から525円割引されて、4935円が上限になりますラブラブ!




さて、次はau

・・・を書こうと思ったんですが
内容が、名称を変えただけで
殆どまんまdocomoと一緒なので省略させていただきます



最後はsoftbank

ホワイト学割with家族2011

$すぐるのモバイル雑記


softbankに関しては、上記2社と内容が大きく変わります

まず、申し込み対象が
未就学児でも適用されるという事
つまりは、0歳からでも適用可・・・能?なのかな?
詳しくはSS(ソフトバンクショップ)へ!!
但し、上記2社と決定的に違う点として
学生も家族も、新規契約時のみ適用です!

softbankの学割の基本的な特徴として
ホワイトプランの基本使用料が無料になります

まず、学生の場合・・・
基本使用料(980円)が3年間(36ヶ月)無料!!

さらにMNPの場合、「お父さんタンブラー」が貰えます
タンブラーはわりとどうでも良いですが・・・ドクロ


もしくは基本使用料無料の期間を・・・
・3ヶ月短くして、33ヶ月間無料にした場合
お父さん一言タオルセット

・7ヶ月短くして、29ヶ月無料にした場合
お父さんお風呂あがりセット

が貰えたりもします
お父さん犬が大好きな人にはうってつけなキャンペーンですね☆
筆者的には、割とどうでも良いですw

また、パケット通信料の部分でも他キャリアと
若干ながら違いがあります

【パケットし放題】
1029円〜4410円→「学割適用で」0円〜4410円

【パケットし放題MAX for スマートフォン】
3985円〜5985円→「学割適用で」3985円〜4935円

【パケットし放題S for スマートフォン】
390円〜5985円→「学割適用で」0円〜5460円

学生、優遇されすぎではなかろうか?www


続いて、上記学生の家族の場合
MNPするか否かで、無料期間に差が生じます


家族の場合・・・
基本使用料(980円)が1年間(12ヶ月)無料!!
MNPなら2年間(24ヶ月)無料になります

MNPの場合、「お父さんタンブラー」が貰えます
タンブラーはわりとどうでm(ry


もしくは基本使用料無料の期間を・・・
【カッコ内はMNPの場合の期間】
・3ヶ月短くして、9ヶ月(21ヶ月)間無料にした場合
お父さん一言タオルセット

・7ヶ月短くして、5ヶ月(17ヶ月)無料にした場合
お父さんお風呂あがりセット

が貰えます

その他の部分に関しては
学生と割引範囲は同じです



いかがでしたでしょうか?

筆者が個人的にオススメしたいのは・・・

認めたくはないが、softbankの学割が一番魅力的かもしれん・・・

月々割の適用で実質タダ同然で買える機種も多いですし

家族以外でも、無料通話が出来る範囲が
条件付きとはいえあるという所もポイントが高いですねラブラブ!

ランキング形式であらわすなら

1:softbank
キャリア間の通話が、家族以外でも21〜1以外は無料なのがポイント高い
メールも同キャリアなら無料(容量制限あり)もデカイ!!
スマートフォンに関して、3キャリアの中で
1番パケット通信料を抑えられるのも魅力かな?

2:au
ガンガントークで3件までのau携帯という限定付きだが
時間帯に関係なく家族以外でも24時間通話無料なのがGood b
メールに関しては容量制限なく無料なので使いやすい

3:docomo
抜群のインフラは最大の魅力だが
家族以外への通話無料オプションが無いのがネック

「ゆうゆうコール」もあるが
最大5件で家族以外のdocomo同士なら30%割引
他社携帯や固定回線には10%割引と
全く無料にはならないという点には、やや不満が残るかもしれません
メールはau同様、容量制限なしです



良かったら検討してみて下さいね〜
posted by 久保河内すぐる at 22:52| Comment(0) | キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。