2011年05月11日

短文【自動通信について】

総務省は10日、ソフトバンクモバイルが販売するスマートフォン
(多機能携帯電話)の「iPhone(アイフォーン)」で、
利用者が知らないうちにデータ通信が行われ
通信量に応じて料金が変わる「2段階パケット定額プラン」の場合
当初の説明以上の料金が発生するケースがあるとして
原因の究明と適切な広告表示をするよう行政指導した。

同プランではデータ通信を一定量までしか使わない場合の下限料金は月1029円
しかし、同省とソフトバンクが、購入したままの状態で端末を操作せず放置して検証したところ
1カ月で4台のうち3台が上限料金の4410円、1台が3000円台後半に達した。

スマートフォンは自動通信で最新の情報を入手したり
ソフトを更新する機能を備え
利用者が設定しなくてもその一部が作動している可能性もある。

ソフトバンクによると自動的にデータ通信が発生するのは
アイフォーンのうちOS(基本ソフト)が「iOS4.0」以上を利用している機種で
4月から告知を始めているという。
同日には「過去一部のアイフォーンユーザーに対して告知していなかったことをおわびする」として
2段階定額プラン利用者が申告した場合、料金のうち1029円を1カ月分無料にする措置も発表した。

総務省は他のスマートフォンについては確認しておらず
業界団体を通じて各通信事業者に適正な広告表示を行うよう要請した。
ソフトバンクの場合、アンドロイドOSを搭載するスマートフォンについては
昨年11月以降に発売したものから自動的にデータ通信が発生するとの注意書きを加えているという。

〜毎日jp様より引用させていただきました〜

ニュースからです

自動通信に関しては、スマートフォンを持つ人は
周知の事実だと思っていました

Androidの場合、Googleとのデータ同期や云々で
自身で通信している意識がなくても
端末が勝手に通信している

確か、最初にT-01Aを購入した時から
ショップ店員さんから、スマートフォンはそういうものなんです
と言われていたので、正直なんとも思っていませんでしたが・・・


自動通信だけを識別して、その通信分を無料に・・・

なんて事も有り得ないわけで
この件に関しては、完全にユーザーサイドが納得するしかないのでは?

と、思います

今の所、電源を落とすかSIMを抜いておくか
これが自動通信を防ぐ最良だと思います

posted by 久保河内すぐる at 00:10| Comment(0) | モバイルその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。